1日1食なら何を食べてもOK

f:id:otama-0201:20170511213959j:plain

食べたいものなら、何をどれだけ食べてもOK

 

体のほうも、本当に欲しいものを求めてきます

 

 

お腹が「グーッ」と鳴ると「生命力遺伝子」の中の

 

「サーチュイン(長寿)遺伝子」が発現してきて

 

こわれた個所の修復がされて若返る

 

飢餓状態におかれたときには、「倹約遺伝子」がよく働いて

 

非常に栄養効率がよくなっているので、少量でも

 

充分に体を維持することができます

 

 

空腹時にカフェインを摂取するのは、体に良くない

 

特に子供には毒

 

カフェインレスの麦茶かゴボウ茶(油を中和する作用があるし、

 

ポリノフェールが主成分)

 

ゴボウのポリノフェールは非常に強力な防菌防虫作用と

 

大変優れた抗酸化作用、そして創傷治癒作用があります

 

ゴボウ茶の作り方

 

ゴボウを良く水洗いして泥を落とし、皮付きのまま

 

ササガキにする

 

水にさらさずそのまま新聞紙の上に広げて半日ほど

 

天干しにする(夏なら2~3時間)

 

フライパンで油を使わずに10分ほどゆっくり乾煎りをする

 

煙が出てくる寸前で止め、そのまま急須に入れ、沸騰したお湯を

 

注げば出来上がり

 

アトピー、じんましん、ぜんそく、花粉症に有効