『仕事力が上がる睡眠の超技法』 睡眠の「5つのスイッチ」を使いこなせば仕事効率がアップする 「集中力」を生み「昼の眠気」「夜の不眠」を解決する 1

f:id:otama-0201:20190813151331p:plain

集中力を生む「ノルアドレナリン

特徴

強い集中力とともに、不安や恐怖の感情を引き起こす

ノルアドレナリン」は分泌が少なすぎても(退屈)

多すぎても(難しすぎ)

 

自然な眠気がほしかったら、寝る30分前に洗濯物を

畳む(手作業を伴う単純作業)

テレビをつけたり音楽をかけたりしない

 

夜中に目が覚めるのは「アセチルコリン」のせい

「眠りに関係のないものを寝床に持ち込まない」で解決できる

 

背筋を伸ばすと目が覚める「セロトニン」の作用

特徴

リズムのある運動で増える

食事をよく噛んだり、テンポよく歩くことを意識していると

昼間は分泌が増えて脳がしっかり覚醒し、夜は分泌が

減って気分を安定させることができる

 

ストレッチやヨガをすると、筋肉の伸縮によって、

深部体温が上がる

眠る1時間前に行うと、夜に向かって下がっている深部体温が

いったん上がり、その反動で急激に下がるので、より自然に

眠気を誘い、眠りはじめを深くすることができる

20秒ずつ時間をかけて無理なく伸ばす

f:id:otama-0201:20190831081750j:plain