『強い血管をつくれば健康になる』

ストレスを軽くする

集中力を高める瞑想 「呼吸を意識する」瞑想でリラックスを3~5分 「意識瞑想法」 心拍数・理想の自分・感謝・自分の体 意識的に悩みを忘れる時間を確保する 感情を解放してストレスを発散させる 嘘でも笑えばセロトニンが増える 泣いてもβーエンドルフィン…

良質な睡眠で自律神経の緊張をほどく

* 睡眠時間優先のスケジュールに変える 22時から2時は睡眠のゴールデンタイム この時間に睡眠を取れば、体の傷ついた細胞がきちんと 修復され、病気にかかりにくくなる * 睡眠の1時間前から、スマホは禁止! LEDが放つブルーライトは睡眠を促す「メラトニ…

ストレスは潜病の元凶

自律神経を整えてストレスをリセット! 自律神経のセルフケア法 * 5分早く起きる * ベッドで簡単ストレッチ 1 手首・足首を動かす 2 ひざを曲げて太ももをお腹に近づける 左右交互に 3 首を左右に曲げる 4 肩を上げたり、下げたりする 5 両手を頭の上…

汗で毒出し

有酸素運動で汗をかく 38~40℃前後のお湯に胸の下までつかり 15~20分温まると血管の拡張で血圧が下がり 血管の柔軟性が高まる 「マグネシウム」の入浴剤で、副腎疲労を癒す マグネシウムは口から摂るよりも、皮膚からのほうが 効率が良い 体を温める食べ物…

ファスティング(断食)で腸の機能を回復させる

断食中は消化・吸収の作業をしなくてすむので 腸は排出作業のみ集中できるため、デトックス効果も 高まる 週末を使って定期的に行うのが、効果的 肝臓の働きが悪くて解毒しきれなかった毒素は、 体のあちこちで炎症を引き起こすため、その炎症を 抑えるため…

腸壁を修復する「亜麻仁油・荏胡麻油」

その他にオメガ3系脂肪酸は弾力のある柔らかい血管や しなやかな筋肉・内臓を保つ働きもある 加熱しないで使う 1日カレースプーン1杯程度を納豆やお味噌汁に 入れたりして摂取すると良い 紫外線をカットできる黒っぽい瓶に入ったものを選んで 開栓後は1ヶ月…

弱った副腎をいたわる、体のデトックス法

「腸・肝臓・発汗」で、体内の毒だし 体に入った毒素の75%は便として、20%は尿として 排泄される。残りは汗や皮膚、髪の毛から排泄される ストレスの元となる毒素をうまく外へ出すには 腸や肝臓の機能を高めること、汗をかくことで デトックス機能を活性化…

冷え性の人におすすめの入浴法

40℃前後のお湯にゆっくりつかって体を温めます その後、洗い場に出て冷水を10秒ずつかけます。 また湯船に入って温まり、もう一度冷水をかけるを 5~10回繰り返します。 最後は、手足に水をかけて、終わります。 夏の温かい時期なら、熱いシャワーと冷たいシ…

潜病から抜け出すには

副腎の疲れを癒す 抗ストレスホルモンの材料となる、ビタミンB群 ビタミンB1 玄米・胚芽米・豚肉 ビタミンB2 レバー・うなぎ・納豆・卵 ナイアシン カツオ・ブリ・サバ・豆類 パントテンサン レバー・鶏もも肉・卵・納豆 ビタミンB6 カツオ・マグロ・さん…

潜病になりやすい人は、こんな人

ストレスを受けやすい性格を自覚して 意識してストレス発散を心がける 神経質で几帳面な性格 嫌と言えない 頼みごとが苦手 完全主義 「こうあるべき」が強い 頑固で融通がきかない 責任感が強く、我慢強い 気持ちを表現したり、伝えたりするのが苦手 他人の…

『強い血管をつくれば健康になる』

突然死の犯人は、血管の詰まり 血管を詰まらせる潜病の黒幕は「副腎疲労」 潜病のサインを見逃すな 1日4杯以上のコーヒーを飲む人 甘いものが手放せない人 記憶力・判断力・集中力の低下 感情の起伏が激しくなる 太りやすく、痩せにくくなる 睡眠の質が低下…