疲れない生活をするには

f:id:otama-0201:20170511213959j:plain

 

規則正しい生活を心がける

 

偉大なるワンパターン生活がミスを少なくする

 

何も考えず習慣で体を動かす

 

毎日規則正しく決まった時間に決まったことをする

 

些細なことにこだわらず全体をとらえて感性で判断する

 

 

「危機」は人間の生命力を活性化する一つのチャンス

 

 

不殺生の結果迎えた老後は、苦しみの毎日である

 

 

病気の原因の大半は生活習慣

 

その生活習慣を見直すのは、健康である今のうち

 

 

1日1食の生活をしながら、よく寝ること

 

 

「外見は健康状態のあらわれ」

 

「検査結果が正常値」でも内面に病気があるかもしれない

 

お腹に脂肪がたっぷりついていたら、血管の中も脂肪が

 

こびりついているでしょうし、肌がシワ・シミだらけなら

 

脳も内臓も錆びついているでしょう

 

最終ゴールは肌がつやつやでウエストがくびれていること

 

そのための有効な方法

 

1日1食または1汁1菜

 

野菜は葉ごと皮ごと根っこごと、魚は皮ごと骨ごと

 

頭ごと、穀物は全粒で

 

睡眠は夜の10時から夜中の2時までのゴールデンタイムを

 

含むように

 

 

体の温めすぎは「冷え性」のもと

f:id:otama-0201:20170511213959j:plain

 

冷え性」の人が体を芯から温めるには

 

飢えと寒さの状況に身をおくしかない

 

内臓脂肪を燃やすようにする

 

 

体温が変わるのは「空腹、寒さ、睡眠」の3つの

 

条件を与えられたときだけ

クリエイティブな日々

f:id:otama-0201:20170625065812j:plain

ゴージャスなブドウチャーム

f:id:otama-0201:20170625065840j:plain

Creema (クリ‐マ)に出店しました

『風邪の名前』2

f:id:otama-0201:20170624064903j:plain

 

不自然に白い歯を見せて微笑む人からは

 

逃げなくてはならない

 

 

誰の助けも期待しないことを学ぶ

 

 

絶望して何も感じなくなっていた人々の心

 

 

何かを楽しみにするということは心が弾む

 

 

”人は己が器に見合ったことしかできぬ”

 

 

傷ついた自尊心は人を驚くべきことに駆り立ててくれる

ゴマ油の保存

f:id:otama-0201:20170623094530j:plain

保存期間(賞味期限)の目安は?
  • 缶タイプのごま油の賞味期限は、2年6か月程度
  • 瓶タイプのごま油の賞味期限は、2年程度
  • ペットボトルタイプのごま油の賞味期限は、1年6か月程度
  • 開封後は、1~2か月程度を目安に使いましょう。

 

遮光容器に入っていないごま油は、
容器にアルミホイルを巻くことで
紫外線による酸化を防ぐことができます。

 

基本的に常温保存可能冷暗所

ごま油は、他の油と比べて酸化しにくい油です。
これは、ゴマに含まれるゴマクナリンという
抗酸化物質のおかげ!!

 

 

揚げ物で使用したサラダ油等に
ごま油を少量足すと保存性が高くなります

 

 

ごま油は、基本的に常温保存可能です。
保存方法としては、油の酸化を防ぐために

  • 高温になるところを避ける
  • 紫外線の当たるところは避ける
  • 空気に触れないようにする

という条件化で保存する必要があります。
ですので、この条件に当てはまる
冷暗所での保存が良いでしょう。

https://xn--ruqt3z0li9lh.com/%E3%81%94%E3%81%BE%E6%B2%B9/

サラダオイルの保存

保存期間(賞味期限)の目安は?
  • 未開封のサラダ油の賞味期限は、1~2年
  • 開封後のサラダ油の賞味期限は、1~2か月程度

 

 揚げ物に使用したサラダ油は、
揚げカスを取るためにキッチンペーパーなどで濾して
オイルポットなどに入れて、保存します。

 

空気にさらさないことが大切なので、
しっかりとふたをして、冷暗所にて保存してください。

日持ちさせるためには、サラダ油を注ぎ足したり
ごま油を少し入れるとよいでしょう。

保存期間(賞味期限)の目安は?

揚げ物に使用したサラダ油の賞味期限は、上手に使えば1か月程度

https://xn--ruqt3z0li9lh.com/%E5%8D%B5/

ふくらはぎと背中の筋肉が「血液ポンプ」になる

f:id:otama-0201:20170511213959j:plain

 

自分の足でよく歩くこと

 

お腹を引っ込めて胸を張る

 

手は軽く握って

 

最大歩幅でどんどん歩く

 

腹筋、脊柱起立筋、ふくらはぎの筋肉を集中して使う