読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウオーキング後の朝食

体を温めて新陳代謝を効率化

f:id:otama-0201:20170320181121j:plain

 

f:id:otama-0201:20170320181150j:plain

 

 

f:id:otama-0201:20170323202201j:plain

cookpad.com

 

りんごと人参という組み合わせは、高いデトックス効果と

 

免疫力を高める効果があることで注目を浴びている組み合わせ!♪

 

f:id:otama-0201:20170327185610j:plain

cookpad.com

 

人参と玉ねぎとリンゴの薄切りを塩少々ふりいれ

 

厚手の鍋で蒸し煮にしました。

 

スープ仕立てにはしないのですが、そのまま食べても

 

美味しいし、身体も温まります♪

 

 

作ってみたお気に入りレシピ

作ってみたおきにいりレシピ

f:id:otama-0201:20170325210007j:plain

www.sirogohan.com

 

サッパリとした味でお気に入りです。

 

削り節をかけたりすりごまをかけたりしています。

 

2日は持ちます。

 

f:id:otama-0201:20170325210523j:plain

 

おはぎがめんどうな時はお赤飯です。

 

f:id:otama-0201:20170325210550j:plain

 

ココアだけのチョコレートクーヘンクルミ入り

 

 

雨の日も風の日も毎朝三十分、外を歩きましょう♪

体を温めて新陳代謝を効率化

f:id:otama-0201:20170320181121j:plain

 

f:id:otama-0201:20170320181150j:plain

 

 

朝は一日のうちでももっとも体温が低い時間帯です。

 

その時に三十分間ウオーキングすると、個人差は

 

ありますが、だいたい0.7~1.0度、体温が上昇します。

 

そして有酸素運動で毎日八グラムの内臓脂肪を

 

減らすことができます。

 

朝は体が硬くなっているので、ストレッチで関節の

 

可動域を充分に広げておかないとけがをします。

 

お勧めは、体中の筋を伸ばす運動と、関節を回して

 

可動域を広げる運動です。

 

歩くときに肛門を意識的に引き締めることは、

 

括約筋のとてもよいトレーニングになります。

 

背骨は血液や免疫物質をつくってくれている

 

とても大切な場所です。

 

正しい姿勢は体だけではなく、健康も支えているということを

 

多くの人に知っていただきたいと思います。

飲み物は白湯が一番!

体を温めて新陳代謝を効率化

f:id:otama-0201:20170320181121j:plain

 

f:id:otama-0201:20170320181150j:plain

 

飲み物は水を温めた白湯が一番

 

朝目覚めて最初にするのは、500㏄の水分をとることです。

 

寝ている間の発汗と排尿によって老廃物と共に

 

水分が失われるので、充分な水分摂取が必要なのです。

 

夏でも冷たい水は飲まないことは重要なことです。

 

 

カフェインの多い飲み物は、水分を摂っているように見えても

 

最終的には体を脱水させてしまうので水分補給にはなりません

 

コーヒーなどを飲むときは先に温かい白湯で充分な

 

水分摂取をしてください

 

次は軽い有酸素運動を三十分ほど行えば充分です。

 

毎日です。

 

 

規則正しい生活を送ることがベストな理由

体を温めて新陳代謝を効率化

f:id:otama-0201:20170320181121j:plain

 

f:id:otama-0201:20170320181150j:plain

 

 多くの人は、昼夜が逆転しても、きちんと

 

睡眠時間さえとれていれば問題ないと思っていますが

 

それは違います。

 

 

体内リズムと自律神経の支配は連動しているので、

 

就寝と起床は毎日同じ時間に規則正しく行われるのが

 

理想です。

 

 

現実問題としてお勧めしているのは、起床時間を

 

一定にして足りない分は、休日に目覚ましをかけないで

 

眠ることで調整できます。

睡眠障害の原因と解消法

体を温めて新陳代謝を効率化

f:id:otama-0201:20170320181121j:plain

 

f:id:otama-0201:20170320181150j:plain

 

 

睡眠障害は自立神経の過緊張が原因でおこるのです

 

副交感神経過剰型  入眠障害

 

   原因     運動不足と昼寝のしすぎ

 

交感神経過剰型   中途覚醒と早期覚醒

 

   原因     働きすぎや精神的ストレスの他に

 

          薬剤性ストレスです。

 

 

   解消法   軽いストレッチや呼吸法やヨガで

 

        副交感神経を刺激し、さらに寝る前に

 

        ゆっくりとお風呂に入り、体温を上げてから

 

        寝ることがお勧めです。

 

        体を温めるには温かい白湯を飲むのもよい方法です。

 

        白湯は胃腸に負担をかけないのでお勧めです。

低体温を防ぐ理想の生活習慣 睡眠

体を温めて新陳代謝を効率化

f:id:otama-0201:20170320181121j:plain

 

 

 

f:id:otama-0201:20170320181150j:plain

 

 

理想的な睡眠時間は七時間から八時間の間で

 

目覚まし時計を使わずに、自然に目覚めることといえます。

 

 

昼食後の昼寝は、食事によって優位になった副交感神経を

 

刺激するので、交感神経過緊張になっている人の多い

 

日本人にはぴったりの健康法です。

 

 

質の良い睡眠をとるために

 

部屋を暗くして寝ることと、きちんと体を横たえて眠ること

 

この二つはとても大事です。

 

睡眠には脳を休ませるということのほかに「体を重力から解放する」

 

という重要な目的があるからです。