肉・魚の除毒テクニック

f:id:otama-0201:20170711070122j:plain

 

〔果物〕

 

  野菜のStep1〔洗う・切る・むく〕をそのまま応用

 

  ただし、農薬が内部の果実まで浸透している可能性の

 

  高いオレンジ、グレープフルーツ、リンゴ、洋ナシ

 

  メロンなどは農薬を除くことが難しいので、控えめに

 

  サクランボやイチゴなど、比較的果実が小さいものは、

 

  酢水に20分浸けると農薬を除去することができます

 

 

〔肉・魚〕

 

  肉・魚ともに、脂肪部分や肝臓(レバー)が危険です

 

  これらはなるべく食べないようにしましよう

 

肉・魚の除毒テクニック

 

Step1

 

  〔切る〕

 

  肉は脂身や皮を切り落とし、魚は頭を落としておろして

 

  皮を剥ぐ。いずれも一口大のぶつ切や薄切りにする

 

 

Step2

 

  〔塩水に漬ける〕

 

  塩水(水2Lに対して塩大さじ2.5杯)につけて

 

  冷蔵庫で一晩おく ザルに移して水気をよく切り

 

  流水でよく洗う

 

 

Step3

 

  〔ゆでる〕

 

  3~4㌢角のコンブを入れたお湯で3分ゆでる。ザルに移して

 

  水気を切る。コンブとゆで汁は捨てる

 

 

放射性物質ストロンチウム被爆した動物の骨にたまる

 

性質があるので、肉・魚の軟骨や骨は食べないようにしましょう

 

シラスやワカサギといった骨ごと食べる小魚は、しばらく

 

敬遠したほうがいいでしょう