成長ホルモンが「健康な体」を作る

f:id:otama-0201:20170419101225j:plain

 

「成長ホルモンの具体的な働き」

 

内臓や器官をつくり、回復させる

 

張りとうるおいのある皮膚をつくる

 

筋肉を増強させる

 

骨を丈夫にする

 

性的能力を高める

 

免疫力を調整して、強化する

 

コレステロールの利用がうまくいく

 

脳の働きをよくする

 

視力をよくする

 

成長ホルモンの分泌量は成長と共に増え、ピークは20歳ころ

 

40歳では20歳の頃の半分、60歳では4分の1くらいの量になる