読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低体温を防ぐ理想の生活習慣 睡眠

f:id:otama-0201:20170320181121j:plain

 

 

 

f:id:otama-0201:20170320181150j:plain

 

 

理想的な睡眠時間は七時間から八時間の間で

 

目覚まし時計を使わずに、自然に目覚めることといえます。

 

 

昼食後の昼寝は、食事によって優位になった副交感神経を

 

刺激するので、交感神経過緊張になっている人の多い

 

日本人にはぴったりの健康法です。

 

 

質の良い睡眠をとるために

 

部屋を暗くして寝ることと、きちんと体を横たえて眠ること

 

この二つはとても大事です。

 

睡眠には脳を休ませるということのほかに「体を重力から解放する」

 

という重要な目的があるからです。