読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉は量よりは質を高める

体を温めて新陳代謝を効率化

筋肉を鍛えるうえでもっとも大切なのは、

 

「脳から筋肉への神経の経路を鍛える」こと

 

成長ホルモンの量と筋肉の量は正比例します。

 

無酸素状態で運動すると、筋肉には「乳酸」

 

という疲労物質がたまります。

 

ごく普通の筋トレを行っても成長ホルモンは出ますが

 

乳酸がたまったという情報が脳に行くと、

 

成長ホルモンの分泌量が何百倍というレベルで

 

急増するのです。

 

お勧めはスロートレーニング(血流を制限しない)

 

一回のスクワットを一分間ぐらい時間をかけて行う。

 

三十秒くらいかけてゆっくり腰を落とし、また

 

三十秒くらいかけてゆっくりと元の位置に戻す。

 

f:id:otama-0201:20170303190127j:plain

f:id:otama-0201:20170303190427j:plain

筋肉の材料となるタンパク質は必ずトレーニング後

 

10分以内に摂ってください。

 

プロティン 豆乳など

 

筋肉の量が増えると、体温が恒常的に上がり

 

疲れ知らずのエネルギッシュな体になります。

 

脳にとってはぼけ防止・日常生活では事故防止につながります。