読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低体温になる理由

体を温めて新陳代謝を効率化

f:id:otama-0201:20170303212857j:plain

f:id:otama-0201:20170303212936j:plain

 

 

大きなストレスが長時間続くと、交感神経

 

または副交感神経が過剰に緊張し、自律神経の

 

バランスが崩れてしまいます。

 

それは血液の流れを悪くすることで、血流障害

 

から低体温になります。

 

 

ホルモンバランスを整えるためには22時から2時には

 

眠っているようにする。(背骨を重力から解放するだけでも)

 

 

ホルモンバランスが崩れると、細胞の回復が

 

遅れることで、細胞自体のエネルギーが低下する

 

ので低体温になります。

 

自律神経のバランスは外からのストレスから

 

体を守る免疫系システムを司る。

 

ホルモンバランスは体の内側で生じるストレスに

 

対して働きます。

 

 

体温が一度下がると、免疫力は三〇%も低くなります。

 

癌細胞は三五度台のときもっとも活発に増殖します。

 

体温が一度上がるだけで免疫力は五倍から六倍も高くなる。

 

 

その対処法

 

「筋肉を鍛える」筋肉を増やすのではなく

 

無酸素運動で筋肉を鍛えます。