読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

財布を使いはじめる日

パワーを取り入れる

金運・開運日が分かる開運カレンダー 財布を買う日、使い始める日を決める

寅の日です

 

その他6日

 


大安
購入するに良し、手に入れるに良し、事始(使い始め)に良し。
何事においても吉。成功しないことはない日とされています。まさに吉日の王様。
一粒万倍日 一粒の籾(もみ)が万倍もの稲穂になるという意味。財布でいうと1円のお金が何倍にも増えると言われ、財布とは最も関係がある日です。
寅の日 黄色のシマ模様の寅は金運の象徴。寅は一瞬で千里の道を駆け、また一瞬で戻ってこれることから、この日に財布を買うとお金が出ていっても必ず戻ると言われます。
天赦日 百神が天に昇り会合し、天が万物の罪を赦す(許す)日であるとされ、万事にわたって最上の大吉日です。年に5回または6回ほどしかない貴重な大吉日。財布を使いはじめの吉日。
巳の日 白蛇(巳)は、幸福の神として、又、弁天様のお使い姫で商売繁盛の神、金運の開ける神として崇拝されています。
九星では四緑木星にあたります。
四緑木星には「巽に斎(いつ・く)う」という言葉があり、財布の中にお金が居着くというのです。 
新月 新月始まりの運気を持つ特別な日。
風水では新月の日に新しい事を始めたり、新しい物を使い始めるのが最適とされています。
目標を立てるのに最適とも言われるこの日は金運祈願にも適した日です。
満月 満月は月のパワーが満ち足りている日。
風水では満月にそのパワーを積極的に授かるため、月光浴をすると良いとされています。
開運財布を満月の月光に当てることでその力は更に高まります。

 

大事にしているお財布は新月と満月のエネルギーでパワーを

取り入れていきましょう

 

三年経ったら休ませてあげてエネルギーの充電をしましょう

 

交互に使っていけばいいそうです