読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ミスター・メルセデス』上を読んで

読後 抜粋

f:id:otama-0201:20161028085921j:plain

 

 

石を落としても水音がまったくきこえてこないという

そんな井戸のような魂をもった人間も世の中に

存在する

 

権力と支配のためならば、われにいつも12気筒エンジンの

メルセデスを与えよ!

 

どんな人間でも、いい面を見ようとする。

そのほうがずっと安全だ

 

情報を得たければ、情報をわたすのが道理

 

まっすぐで率直、あけっぴろげな視線。

演技ではなく素の人 これがその人に

好意をいだいている最大の理由である。

 

異常な人間は、異常であるあることを

他者に知られたくないと思っているものだ。

 

精神がいかれているだけで、すこぶる頭の

切れる人物

 

好意をいだけない相手の言葉を、人はあっさりと

あまりにもあっさりとー頭から信じなかったり、

払い捨てしがちだ。

 

どうにも気分が落ち着かないときなど、かっての

自分がおさめた最大の勝利のルートをふたたびたどる

 

成功の80%までが、向こうから転がり込んでくる

ウディ・アレン

 

「壊れてる」「おまけに邪悪だ。外から見るときれいなのに、

切ってみると中身は腐ってまっ黒、蛆虫がいっぱいつまっている

林檎みたいなものだ」

 

ひとは自分が食事をする場ではクソを垂れない者だ。

 

嘘をつくことからはじまる関係はありえない。