読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『狼のようなイルマ』を読んで

f:id:otama-0201:20161028103858j:plain

 

 

「欲しい・・・」

「そう思うなら、先ずお前さんが他人への

態度を改めるんだな。特に、年長者には」

 

どの方向が自らにとって最も利益になる遣り方か、

計算しつくそうとしている。

 

接続は完全に双方向で、少しの矛盾もない。

 

実際に手に入れてみなければ、見ることのできない

景色、というのはあるのです。

 

この男は人々をひきつけ、圧倒する力を持っている

根拠があり、具体性があり、そして、聞く者を

不安にさせる。

 

力とは情報の管理、統制、制御にある。

 

まともに話のできる人間じゃなさそう。

 

理があれば勝ち、理がなければ負ける。

 

人の心情と同期することができない。

 

全ての活動は自己顕示欲から派生する。

 

嫌うのは、心理的にも物理的にも、一線を

踏み越えて馴れ馴れしく近ずこうとする人間。

 

原因の不確かさが市民の不安を煽る。

 

この場の主導権を握ろうとする。