読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『フェルメールの憂鬱』 『藪医 ふらここ堂』を読んで

読後 抜粋

f:id:otama-0201:20161028114621j:plain

何もかも己で判断するってのは大人でもきつい

 

距離を縮める鍵は相手が持っています。

相手をよく観察して、その望むところを掬い上げる。

 

f:id:otama-0201:20161028114629j:plain

共産主義の世界では、労働は美徳ではなく。

進んで仕事をする者はろくなことにはならず、

人より多く知ることは、決してよい結果に結びつかない。

優秀だとわかれば左遷される。ひどいときには冤罪で

処刑される。

有能なものが無能な者に粛清される、共産主義の世界では。

自分の範疇でないことには関わらないのが賢明なのだ。

 

 

誰の忠告も聞かない。

聞くのは称賛だけだ。

 

無表情で、貪欲そうで、目が笑っていない。貧相で

下品

 

罪悪感を持たない人間が醸す落ち着きと、疑り深さが

醸し出す落ち着きのなさと。

 

指輪が欲しければ指を切り落として持っていく

輩です。

 

幼稚で感情的で、我が儘で自分の欲望にのみ

忠実

 

誠実に人の話を聞いた

 

これはと思ったらハエ取り紙みたいに

品も節操もなく貼りついてくる。

 

命を投げ出してでも不条理と戦うのが人間

怒るということを知ってこそ人間