読後 抜粋

心にしみる言葉

やるべきことがないときに、孤独はもっとも こたえる。 銃を突きつけられても平然としている境地に 達するのは、なにか大きな危機をひとつ経験したか 小さな危機をいくつも経験したかのどちらかだ。 自己評価が高くていいわね 世界が少しだけ明瞭になって、…

心に沁みる言葉

自分が何を考えているかを話し、わたしが考えていることを どう思うかを話しなさい だからこそパートナーがいるのよ。 愚痴をこぼせるように。 あなたが部屋を探しているのは部屋が必要だからではないでしょう あなたが部屋を探しているのは部屋がほしいから…

心にしみる言葉

隔絶されることで人の心がどう蝕まれるのかも知っていたが エルセはイェンスに黙ってコンテナを予約したことが 心苦しかった。それが暴力的なまでの干渉であると 知っていたからだ。 ロアルはその宝を憎んでしまう自分を憎んだ。 何が起きたのか全然わからな…

心に沁みる言葉

たいていの人は自分の考えを認めてほしいだけだ。 結婚かプライドか、どちらかを選ぶしかないの。 口調に毒気が含まれていた。 過激な暴力を振るうことが問題解決の手段として 許されると考えた時点で、その人間は文明人と評価される権利を 失う危機にあると…

心にしみる言葉

どんな人にもできることとできないことがある。 それを混同すると、問題は解決から遠ざかっていく。 自分ならどうするか? どうしたいのか? 今、なにをしたくて、それに必要なのはなにか、 どうすればいいのかを 再び立ち上がってやり続ける。 もしかすると…

心に沁みる言葉 

自分の意志に忠実に生きてきた誇り ウルバッハ・ビーテ病 先天的な染色体異常 偏桃体が変性していて恐怖を感じる回路がない 恐怖の学習がされない 共感が難しいんだな、場違いな言動、表情、思考が 人を不安にさせるし、近寄らない方がいい人間に分類される…

心にしみる言葉

あらゆる可能性を潰してしまう自嘲的な笑いであり 女のこういう笑いが彼女は大嫌いだった。 昔から男たちは、こうやって彼女を侮りながら 彼女が重要だと主張するものを矮小化してきた。 従順な女に戻ってにっこり笑い、内心の熱い思いを隠して 人びとに迎合…

心に沁みる言葉

前頭葉前部の損傷はしばしば感情の喪失を引き起こす。 すると外部の刺激に無関心になる。近親者が死んでも 苦痛も関心も呼び起こさない。この自己抑制を非人間化の 兆候と解釈すべきだろうか? 夢遊病の発作は、心の深層に潜む恐怖を描出しようとしている。 …

心に沁みる言葉

人は生まれ持った性分を死ぬまで背負っていくらしい なににつけ他人の意見で自分を肯定したいのが 彼らの言う「道」なのだとすれば、群れなくては なにも解決できない 他人にそこそこの感情表現を求めてしまうのは、 こちらの心が弱いのと、やはりどこかで理…

心に沁みる言葉

学習機能をプログラムしただけで どういう行動を取れとかいうことは 教えていない。 欲求に従って動き、思考錯誤して 学習していくことで、どんどん賢くなるのですが その方向性はやってみないことにはわからない 仲良しになるためにこちらの表情や行動を 読…

こころに染みる言葉

八つの動機 嫉妬 復讐 金目当て 欲望 スリル 追放(宗教、政治、暴走族の仲間内で) 狂信(名誉や恥辱が動機となる) 別の犯罪を揉み消すために犯す殺人 『猟犬』 人は恐怖の中で生きることはできない ただひとつ不都合なことがあるとすれば、その際に 悪を…

心にしみる言葉

偽善と自己顕示欲が見え隠れして 作品において、善意と幸福をアピールしなくては ならないという、創作過程の捻じれ 感情が先走って優先順位の判断がつかない 見返りなんか要らない。そんなの恰好悪いだろう いつのまにか下の名前で呼ばれている。 こうした…

『 他人を傷つけても平気な人たち』 サイコパシーはあなたのすぐ近くにいる

サイコパシ-傾向の高い人は集中力が高い 犯罪は犯罪者自身にも爪痕を残す 心の問題には大きくふたつに分かれるという研究があります 「背景に不安があるもの」「衝動を抑えられないことを特徴とするもの」 サイコパシー傾向の高い人が不安の低いことは昔か…

『他人を傷つけても平気な人たち』

表面的な好意というところが、自分を見せつけることを 好む自己愛パーソナリティの人らしい 自分がこれから餌食にしようとする相手には 親切に振る舞うことができる 扁桃核の障害が、アイコンタクトの不足や サイコパシーにつながる共通の原因だと考えられる…

『楽園の世捨て人』を読んで

人によって嘘というのはなぜ呼吸の1部のように簡単極まる 方法なのに、そうでない人には辛すぎ、それならいっそ遠くに 旅だったり、あらゆるものを犠牲にする方がましだと思うのだろう 自分の時間を無駄遣いされないのを好む 自分の事しか考えない、魂のない…

『スパイの血脈』

技量のある男だが、慢心が過ぎた 不幸なのは自尊心が低いせい 共感は精神病質者にはない特性 スパイとしての適性ー外見の魅力、見せかけだけの威厳 衝動的な性格、必要とあらば寄生虫のように人に取り入る 能力ーは、精神病質者の特性でもある

// // // a.mxe)&&f){a.ter.push(f);b=b||{};var c=f.logLevel||b.logLevel;c&&c!==k&&c!==m&&c!==n&&c!==p||a.ec++;c&&c!=k||a.ecf++;b.pageURL=""+(e.location?e.location.href:"");b.logLevel=c;b.attribution=f.attribution||b.attribution;a.erl.push({…

『神の水』

[ 人間は適切な語彙を持たないと、目の前にそれがあっても認識できない という仮説があるのよ。 自分の考える正義にこだわって、まわりがみえない 銃で生きる者は銃で死ぬんだ 『神の水』

『5月の雪』

家に憑りついて、ごく素直な者を心身ともに 汚染する。魂にもぐり込み、昔の恨みという毒を 垂れ流す 誰だって人の気を引きたくて馬鹿なことをする ぱあっと明るくなったんで、こっちが 心を癒される思いだった

『解錠師』

たいがいの連中は話の聞き方を知らない ほとんどの場合、人はまた自分が話すために、相手が だまるのを待っているだけだ ひたすら黙っている人間に合うと誰もがひどく怖気づく そこにあるのは恩着せがましさと、驚くほどの無知だった すっかり心をうばわれ、…

『風の名前 4』

「世の中ってそういうものよね。ほしいのは甘いモノ、 でもいやなものも必要」 『風邪の名前 4』 退屈な日には、世の中に対してとてつもない怒りを感じる。 子供というものは、両親からしかるべき愛情を受け、傷つけられたり 苦しみられたりしなければ、行…

ザ・カルテル

悪魔は天使の羽を生やして現れる 消費するだけの人生 もっとも口数の少ないものがもっとも大きな力を 持つ 悪魔がそそのかせるのは、そそのかされたい人間だけ 忍耐は美徳だが、ほとんどの美徳には苦しみがつきまとう 何かをして欲しいといったり、逆にこう…

『R・Sヴィラセニョー』を読んで

人間の生活にはどこか赤がないとダメだわ。 視界も目もたるんで無意識の緊張や心の張りを失う 平凡な空間を美しく壊してくれる色は赤が一番 美と明るさがもらえる 人はひとつ恵まれると、ひとつ失うようにできているのかもしれない 立ち向かえば手に入る大き…

日明 恩 を読んで

それぞれが他よりも権力や高い地位を得る権利がある と思いこむ 友人は近くに置いておけ、敵はさらに近くに置いておけ という あんたが何かして欲しいときは、尋ねた 『夏に凍える舟』 平気で他人を自分の気晴らしに利用する。 あんたを気にかけてる人たちを…

『風邪の名前』2

不自然に白い歯を見せて微笑む人からは 逃げなくてはならない 誰の助けも期待しないことを学ぶ 絶望して何も感じなくなっていた人々の心 何かを楽しみにするということは心が弾む ”人は己が器に見合ったことしかできぬ” 傷ついた自尊心は人を驚くべきことに…

『風邪の名前 1』

恐れを知らぬのは坊さんと愚か者だけ 心が目を覚ます 存在しないものを見たと自分をごまかしてはならない 完璧な共感リンクはありえない、双方の類似点が少ないほど エネルギーは失われる 不信はすぐに嫌悪に変わる その人に直接何か言うのか、その人につい…

『発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由』

脳にはクセがあり、その独特のクセが日常の困難を 引き起こしている まずは自分の弱点を(困ること)知ることが克服への 第一歩となります。 自分にとって何が苦痛なのか、何が苦手だと感じるのか、 そして家族や周囲の人は何で頭を抱えているのか、 困って…

『アスペルガー症候群』

他人の気持ちや立場を理解する力が弱い 傾向がある。 必ずしも立場や考え方が一致するとは限らないことが わからず、自分の意見を押しつけてしまう。 反発されるとかんしゃくを起こして暴力に 及ぶことすらある。 頭では理解していても、いざとなると 制御が…

『長谷川等伯』を読んで

楽に逃げればその楽に首を絞められるもんです (アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』 ですね) 不都合なことを言い合っては共感ばかり求める (勘弁してほしいです) 人は常に一定の生活習慣を保たなければ、 心技体は十全にははたらかない 大難…

『ローマ法王に米を食べさせた男』

大笑いしながら読み、読み終わったあとの 爽快感! 深い共感を覚えた1冊でした 逆転の発想を貫いた素晴らしい本 めげてた心が上を向いて一歩踏み出してみようかと いう気持ちにさせてくれた本 ぜひ、読んでみてください! 元気が出ます いては困る人 いても…