眠っているうちに病気にならない体をつくる本

「朝の生活のコツ」実践編

6時から9時までに「朝日を浴びる」 白湯を飲んで老廃物を出す 熱めのシャワーもデトックスに有効 毎日の習慣的な運動は時計遺伝子に刺激を与え 体内時計を適正に調節しやすくしてくれます セロトニン神経は、すべてのリズム運動で活性化します 噛む、呼吸す…

ハーバード式「腹式呼吸」で自律神経を鍛える

ドキドキ、イライラしたら腹式呼吸で自律神経のバランスを とることができます 1から4まで数えながら、息をゆっくり吸う 今度は4から1まで数えながら、息をゆっくり吐く これを数回繰り返す 息をゆっくり吸ったら、2~3秒ほど息を止める 息をゆっくり吐…

自律神経を鍛えて「再生」能力をアップする

体内環境の整備に必要なのは自律神経の 働きです ホルモンが働きやすい環境をつくることができます 「生活にメリハリ」をつくると自律神経のバランスが よくなる 自律神経の働きとは 脳への「行き」の神経のシステム 五感の情報が神経を伝わって脳に行きます…

昼間「幸せ」を感じると睡眠がよくなる!

目差したいいい循環 メラトニンがいい眠りをつくり よい眠りが朝のセロトニンをたくさん出し セロトニンが昼間の心の元気をつくって 夜のメラトニンの材料となる

メラトニンを「どんどん出す」生活とは

直接太陽の光を浴びなくても3000ルクスの明るさが あればいいのです 3000ルクスとは 屋内なら昼間の窓際あたり 屋外なら晴れの日で2万から10万ルクス 曇りの日でも1万から2万ルクスあります 夕方から夜にかけて強い光を浴びると、体内時計は 1時間後ろへずれ…

再生工場のもう一つの主役 メラトニン

メラトニンの特徴 眠りを調整して、よく眠れる、いい眠りをつくる 時差ぼけや睡眠障害を治す フリーラジカルをなくす抗酸化作用で、老化を防ぐ コレステロール値を低下させる がんを防ぐ 免疫力を高める 光を受けてから約15時間後、タイマーが作動して メラ…

成長ホルモンの分泌を促す「3つのスイッチ」

睡眠以外で、成長ホルモンが分泌される場面 血糖値が下がっているとき 空腹のとき 間食をやめる ストレスにさらされたとき 満足感と疲労感をバランスよく感じているとき 熱中する時間を持つ 運動をしたとき 筋肉を使ったとき 無酸素運動と有酸素運動を組み合…

成長ホルモンが「健康な体」を作る

「成長ホルモンの具体的な働き」 内臓や器官をつくり、回復させる 張りとうるおいのある皮膚をつくる 筋肉を増強させる 骨を丈夫にする 性的能力を高める 免疫力を調整して、強化する コレステロールの利用がうまくいく 脳の働きをよくする 視力をよくする …

再生工場のゴールデンタイムを作るには

成長ホルモンの分泌は寝入りばなの1~2時間とみる。 夜11時半から2時ごろの間 朝日を浴びることがメラトニンを夜になってから 分泌させるスイッチです。 2つのホルモンのピークを同じ時間帯にそろえることが 理想 提案の1例としては、夜11時にベッドに入る…

自律神経を整えるとホルモンは働きやすくなる!

睡眠中にアンチエイジング・ホルモンが働くには 副交感神経の作用が大切! 血管の緊張・収縮がとけるので血液が流れやすくなることで ホルモンも全身の行きつくべきところにきちんと届いて 働くことができる。 成長ホルモン 体を修復し、新陳代謝を活性化さ…