健康法

『スッキリ ぐったり』 栄養ドリンクでエネルギーのチャージ

ぐったり度3 栄養ドリンクの常用はからだを弱らせる 栄養ドリンクは興奮剤で、不調を改善するものではない 生理機能の破綻を招く 風邪は自分のキャパシティ以上の活動を無理に 行っているしるし 最低限の服用にとどめること そのあとで質のよい休息をとるこ…

『スッキリ ぐったり』 歯磨きで空腹を抑える

グッタリ度2 消化力を弱める行為 空腹は適切に満たしましょう 空腹が本物かどうか白湯が教えてくれる すするように飲んだあとに、げっぷをしてみる 無味無臭であれば、胃が空っぽのサイン 空腹をはじめとする「生理的欲求」の我慢は、 緊張状態を引き起こし…

『スッキリ ぐったり』 お酒を飲む

グッタリ度3 アルコールは、病気になりやすいからだを作る 本来の自分らしい魅力に気づいていて、自分を他人と 比べることもなく、健康的で調和的なこころとからだを持ち なんだか運もよく、いつも笑顔で、エネルギーにあふれている ・・・そんな人は、内側…

『スッキリ ぐったり』 旬の野菜を選ぶ

スッキリ その季節の野菜には、人間に対して、からだのバランスを 整えてくれる作用がある 春(3~5月) ふきのとう、芽キャベツ、たらの芽など、旬である「苦味」 の野菜を積極的に摂る 雨季(6月の雨季、10月の台風シーズン) 気温の変化が激しいこの時期…

『スッキリ ぐったり』 白いものはなるべく摂取しない

グッタリ度1 大切なのはバランス 精白小麦より全粒粉、白砂糖よりはきび糖にする 食べ過ぎない、重い質の食事は消化力の強い昼に いただく 玄米は外皮のせいで白米より消化しづらいので 胚芽米や麦飯を選ぶ からだを重くするたべもの 小麦・白米・新米・大…

『スッキリ ぐったり』 トマトジュース健康法?

グッタリ度2 脂肪過多で、ダイエットを考えている人には効果あり 肉や魚をよく食べる人には適している 1日200ml程度に、クミンやターメリックを2つまみくらい 入れて飲む 食間の空腹時に飲むのがよい ほうれん草とトマトジュースを一緒に摂らないこと 結石…

『ぐったり スッキリ』 ココアは興奮剤 リラックス効果はハーブティーで

グッタリ度3 ココアは首から上の管を詰まらせる、すべてのドーシャを 乱す 緊急で無理をすることがやむを得ない場合に1杯飲む 程度にしておく あくまで一時的なものとしてとらえる カフェインを含むコーヒーも同じ ハーブティー カモミールはやさしい味でリ…

『スッキリ ぐったり』 夜の半身浴は危険

グッタリ度2 ダイエット目的の半身浴は朝(浄化の時間) 夜の半身浴は不眠の原因 お湯の温度は39℃から40℃くらいのぬるめで 20~30分、じんわりと汗をかく程度まで半身浴を 行い、その後水分補給のために白湯を飲む 夕方の半身浴は6時までに済ませる ダイエ…

『スッキリ グッタリ』 夕食は夕方6時にはとるようにする 

スッキリ アーユルベーダーでは、夕食は夜8時までに摂ることを すすめている あたたかいスープのようなものであれば9時まで、 それ以降は白湯だけにとどめるという考え方 スープはさらさらの液体状のものか、ポタージュ状に なっているあたたかいものが理想 …

『スッキリ グッタリ』 脂肪の吸収を抑えるお茶

グッタリ度2 「抑える」という発想は危険 自分の消化力に合った分だけの量の食事を、きちんと 食べて消化吸収し、栄養に変えていくという発想が 大事 白湯を食事中に飲むことをお勧め アーマー(未消化物)を蓄積していくと、排泄されにくく さまざまな管の…

『スッキリ グッタリ』 断食やってみたい

グッタリ度2 自己流のハードな断食は危険! 効果的な毒出し 火を燃えやすくする食べ物を摂ること 週に2回夕食をあたたかいスープだけにする 旬の野菜を煮込んだものや、ポタージュがお勧め 適切に火を煽って、未消化物を燃やし、毒出しすることができる ス…

『スッキリ グッタリ』 朝起き1杯の白湯を飲む

スッキリ 白湯は毒出しに最適な飲み物 こころとからだのバランスを整えて、体内を浄化してくれる すべての体質の人におすすめ 飲み続けているとだんだん甘くておいしいと思えるように なってくる 白湯の働き 内臓が内側からあたたかいシャワーを浴びるような…

『スッキリ ぐったり』 玄米に切り替える

グッタリ度2 玄米は消化しづらく、からだに負担がかかる アーユルベーダーでは基本的に食品の皮をむく 皮をむけないものは(トマト、ピーマン)よく加熱して 多量にとらないようにする お米は炊く前に少量の油で炒ってから調理すると 幾分消化がよくなる 押…

『スッキリ グッタリ』 唐辛子とキムチ

グッタリ度3 唐辛子にはからだを冷やす傾向がある 食べてすぐはからだが熱くなるが、そのあとからだを 冷やすのでとり過ぎは注意 お腹がすかない、なんとなくからだが重くてだるい 甘いものばかり食べている という人が適量を 食べるには、よい食材といえる…

『スッキリ グッタリ』 食事は腹8分目

スッキリ 「思考回路が鈍る」は「胃の動きが鈍る」と同義語 食べ過ぎを防ぐコツ 調理の3時間以内のものをたべること (消化しやすい) 適度な油を使って火を通したものをいただく 作りおきの食事は消化しづらく、栄養にもなりにくい 生ものは控える 生で食べ…

『スッキリ グッタリ』 太らないために1日6~8食にして少食

グッタリ度3 スムーズな消化を助けるために意識したい事 *食事は1日に2~3回、規則的に摂る *完全にお腹がすいてから食べるようにする *食事は20~30分で終えること *座って落ち着いた状態で食べること *食後は5分ほど休みをとること 食べものが消化さ…

『スッキリ グッタリ』 肌のツヤアップに毎日オリーブオイルを飲む

グッタリ度 2 条件に合う人のみ有効 規則的に強い空腹感と食欲があり、食事を抜くと イライラする お通じが1日に2回以上規則的にある スタミナはあるが暑さに弱く、汗をかきやすい オリーブオイルはからだを冷やす 油は消化力を上げて、食べたものをきちん…

『スッキリ グッタリ』 噛む適切な回数は一口につき32回

グッタリ度2 食事そのものの時間は20~30分が理想 よく噛むことは、食べることに集中することができる それはからだはもちろん、こころの満足にもつながる おいしく味わって幸せを感じることも、消化をスムーズにする ポイントのひとつ

『みそさえあれば』 酢みそ

材料 白みそ 大さじ3 砂糖 小さじ1 米酢 大さじ1と1/2 すりごま 小さじ1 作り方 すり鉢に白みそ、砂糖を入れてよくすり混ぜ 米酢を少しずつ加えて溶きのばす 最後にすりごまを入れて混ぜる * みそは辛口や麦みそでもよい いかとねぎのぬた 生野菜のたれに …

『スッキリ グッタリ』 少しの工夫でむくみ解消 

グッタリ度3 むくみやすい人は、基本的にからだの巡りが停滞しており 代謝が落ち、重い状態になっている 気分が内向的になりやすく、ものを捨てられずにため込みやすくなっていたり、 お腹がすきにくい状態が続いたり、いつもなんだか眠いという症状が見ら…

『スッキリ グッタリ』 冷えを防ぐためジンジャーパウダーをいつも使う

グッタリ度1 ジンジャーパウダーが適している冷え体質 なんとなくからだが重くて代謝が悪く、いつも眠気があり 肌が全体に冷たく湿っている しょうがは、からだを温めてくれるほかに、消化を 助けてくれるが過剰摂取は、からだに負担をかける ジンジャーパ…

『スッキリ グッタリ』 炭水化物を抜くと太りやすい体をつくる

グッタリ度2 炭水化物は消化力を鍛える 消化しやすい穀物の順序 大麦 ライ麦 雑穀 そば とうもろこし オーツ麦 全粒粉小麦 インディカ米 日本米 漂白した小麦粉 うるち米(もち米) 胃腸が疲れているとき負担になる穀物(昼はOK) 米 パン パスタ うどん か…

『スッキリ グッタリ』 昼食の食べ方が健康を左右する

グッタリ度2 昼食をメインにすると、お腹だけでなく精神的にも 満たされる 食べたな、美味しかったな、という満足感が、結果として 夜の食べ過ぎも防いでくれます 少ししか食べていないのに太るようになった、という状態は 消化力の低下を意味し、肌や髪が…

『スッキリ グッタリ』 たっぷりの朝食は胃に負担がかかる

グッタリ度2 朝は消化力が一番弱い 消化力は昼の10~2時にかけてもっとも活発になる 食事のボリュウムは朝・昼・晩で1・3・2が理想的 朝食はしっとりとした温かいものであることがポイント 温かいスープや温野菜を中心にする

『スッキリ グッタリ』 朝食にシリアルとフレッシュフルーツに牛乳をかけて食べる

グッタリ度3 重い(消化しにくい) 揚げ物 乳製品 牛肉 豚肉 魚 砂糖 卵 軽い(消化しやすい) 乾燥したもの 古米 そば 鶏肉 葉野菜 緑豆 油っぽい(消化しにくい) 唐揚げ 中華炒め マヨネーズ 霜降り肉 乾燥(食べ過ぎると不安定に) スナック菓子 クラッ…

『スッキリ グッタリ』 風邪の発熱時に最適な飲み物

グッタリ度3 おすすめは、適量の塩(白い岩塩)を入れた麦茶 麦茶は適度にからだを冷やす働きがある 風邪の原因が過労やストレスの場合は、麦茶に少しの きび糖を入れたものがよい こころとからだの乱れを整えて、滋養を補ってくれる 麦茶は煮出したその日…

『スッキリ グッタリ』 カロリー計算をしたレトルト食品

グッタリ度3 生命エネルギーであるオージャスにならないことが 一番の問題 その時の消化力を上回る量を食べると、体内に毒素がたまる 人間には、自分に適切なカロリーを求め必要な栄養素を おいしく感じ、不要なものは欲しくないと思うメカニズムが 備わっ…

『スッキリ グッタリ』 硬水を2L飲む

グッタリ度3 体を冷やすことで、消化器が弱ってしまい腸で栄養が 吸収できない 栄養失調状態になり、臓器が弱る 消化力の弱い胃腸はうまく回らないみきミキサーのようなもの 硬水に含まれる多くのミネラルは、日本人のからだには栄養素として 吸収しにくい…

『脳がよみがえる断食力』 「新月ファスティング」を取り入れよう

夜空に月に見えなくなる新月は、浄化する作用が 最も強くなるといわれているので、この日にファスティングを おこなうことはデトックス効果が促進される 新月は太陽と月が一直線に並んでいる日で、とてもエネルギーが 強く、新しいことをスタートさせるのに…

『脳がよみがえる断食力』 脳と体の回復力を高める「夜」の過ごし方

睡眠中は体の修復時間 余分なアミロイドβの排出 (認知症の予防) 記憶の保持や整理 (記憶力のアップ) 免疫記憶の保持や整理 (免疫力アップ) 細胞レベルでの修復 (治癒力アップ) 心身の休憩 (リラックス) 質のいい睡眠を保持するためには、消化器を…