健康法

『脳がよみがえる断食力』 絶対とってはいけない「トランス脂肪酸」

”不自然な油”は細胞の機能を低下させる 心臓のトラブル(循環器系)だけでなく、がんや 糖尿病、眼疾患、妊娠や出産の問題、うつや認知症 など、身心のさまざまな健康問題との関連性が報告されている トランス脂肪酸を多く含む食品 コーヒーフレッシュ 揚げ…

『脳がよみがえる断食力』 一番のおすすめは良質の亜麻仁油

脳を健康にに保つ 骨を強くする アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーを抑える 肥満を防ぐ 不妊症を改善する 唯一の難点は熱に弱いこと 毎日大さじ1~2杯を目安にとるようにする 酸化しやすいため、遮光ビンに入ったものを選び 紙の箱ごと冷蔵庫で保存…

『脳がよみがえる断食力』 「オメガ3」と「オメガ6」のバランスが大事

ω-6脂肪酸 - Wikipedia オメガ3系 炎症を抑える オメガ6系 炎症を促進する 理想のバランス 高オメガ3 1 低オメガ6 1~4 現在人の摂取バランス 高オメガ3 1 低オメガ6 10~50 油のアンバランスは、肥満、アレルギー、心臓病、糖尿病 がん、うつに関係し…

『脳がよみがえる断食力』 「どんな油をとるか」が細胞の質を左右する

いちばん重要な働きは、細胞の膜(生体膜)を作る働き エネルギー源としての働き 飽和脂肪酸 動物性食品に含まれる バター、ラード、(牛脂)、ココナッツ油 ヤシ油 不飽和脂肪酸 植物性食品に含まれる 一価不飽和脂肪酸 オメガ9 オリーブオイル、キャーノラ…

『脳がよみがえる断食力』 酵素を無駄遣いしないことが健康・長寿の秘訣

食べ物の消化・吸収のプロセスでは、1日に数ℓもの消化液が 分泌され、体内でつくられるエネルギーの約8割を使っていると いわれています 食べるということは、体にとって非常に負担がかかること 消化は空腹時のみなので、本来は空腹でなければ 食べてはいけ…

断食力のデトックス効果

1 有害物質を排出する 有害物質は脂肪に蓄積されやすいという特徴があるため 断食により脂肪燃焼が促されると、スムーズなデトックスに つながります 2 大腸がきれいになる 食べ物が入ってこない断食中は、腸の大掃除を しているようなもの。腸内環境が整…

『脳がよみがえる断食力』 断食力のリセット効果

1 内臓を休ませる 消化・吸収に使われていたエネルギーを、修復や再生に まわせるため、本来の機能を回復する 2 五感が鋭くなる 味覚だけではなく、臭覚や視覚、聴覚などがより クリアになったと実感する人が多い 3 免疫力がアップする 白血球は空腹時に…

『脳がよみがえる断食力』 絶対とってはいけない「トランス脂肪酸」

「トランス脂肪酸」が含まれている食品 マーガリン・ショートニング・ファットスプレッド 加工油脂・植物油脂 揚げ物・コーヒーフレッシュ・お菓子・カレールー お菓子・菓子パン トランス脂肪酸を含まない油を使っていても、高温調理 によりトランス脂肪酸…

『病気の9割は歩くだけで治る』歩行は脳を変え、人生を変える

偉業を成し遂げた偉人達 空海 芭蕉 酒井雄哉(大阿闍梨) 『一日一生』『今できることをやればいい』

『病気の9割は歩くだけで治る』 歩く人は若々しい!

脳内ホルモンのバランスが良いと「ご機嫌顔」になる 歩くとセロトニンが出て、幸せな気持ちになる ウオーキングハイをめざして 歩きながら人や動物との関わり合いがあるとオキシトシン という愛情ホルモンが出る 愛情ホルモンが増えるとセロトニシンも増える…

『病気の9割は歩くだけで治る』 運動の強度

3メッツ 歩く 軽い筋トレ 掃除機をかける ゲートボール 4メッツ 早歩き ゴルフ 自転車に乗る 子供と屋外で遊ぶ 6メッツ 軽いジョギング エアロビクス 階段昇降 8メッツ 長距離を走る クロールで泳ぐ 思い荷物を運ぶ 健康のための運動は「中程度の運動」 20~…

『病気の9割は歩くだけで治る』 腰やひざが悪い人におすすめの歩き方

サポーターをつけたり、コルセットを巻いたりして 弱い部分を支えながら、できる範囲で歩いてみる 無理のない(痛みが出たらその前で)範囲で歩く 歩くと心拍数が少し上がって、心臓のリハビリになる 移動は、目から耳から鼻から新しい刺激が入り、 脳が活性…

『病気の9割は歩くだけで治る』 周りをフィットネスセンターに変える

「1日のどこで歩けるか」を考える達人になろう! エスカレーターやエレベーターを使わないようにする 荷物をコインロッカーに入れて、手ぶらで歩く 歩くからこそ見える景色、気づく発見がたくさんある 雨の日は地下街を歩く

『病気の9割は歩くだけで治る』 紫外線対策

白内障予防にサングラス 紫外線カットのジャケットをはおる 紫外線カットの帽子をかぶる 紫外線カットの化粧品を使う 日傘は肩甲骨を動かせなくなるのでパス 日がさしていない早朝か夕暮れ時、曇り日に歩く 女性こそ歩くことに、真剣に取り組みたい 要介護、…

『病気の9割は歩くだけで治る!』 自分に合った靴を選ぶ3つのヒント

靴を選ぶポイント 土踏まずの部分のアーチラインが合っているか かかとをつけたときに、足のカーブに合っているか 横幅が窮屈ではないか つま先が当たったり、指が曲がったりしないか 甲が圧迫されないか くるぶしが当たらないか

『病気の9割は歩くだけで治る!』 川柳ウォーキングのススメ

最大の認知症予防は計算しながら歩くこと 50から3(ここの数字をたまに変える)を引いていく 車のナンバープレートを計算する 1日に10句か20句の目標を決めて 気に入ったものを記憶してノートしていくと 頭の筋トレになる

『病気の9割は歩くだけでなおる!』 脊椎ストレッチウォーキングのススメ

脊椎ストレッチウォーキングの3つのポイント 下腹を下から持ち上げるように引き締めること 頭頂部をひもで引き上げられるように、背筋を しっかり伸ばし、軽く胸を張ること 深く呼吸できることで、酸素を取り入れながら歩けるので より楽に歩くことができる…

『病気の9割は歩くだけで治る』 体幹ウォーキング

歩き方の年齢とは「肘をどれだけ後ろに引けているか」 に表れます 肘を引くこととは、肩甲骨を動かすということ 肩甲骨まわりは、全身のなかでも筋肉が多いところ 下半身だけではなく、上半身も使って全身で歩くことが 最大のポイントです 体幹ウォーキング…

『病気の9割は歩くだけで治る』 骨盤を前傾させる

骨盤を前傾させると、お腹やお尻に力が入り、 骨盤が滑らかに動く 骨盤が滑らかに動くということは、足だけで歩くことには ならないので股関節とひざ関節に余計な負担がかからない 骨盤はゆがむもの でも歩ける クッと前傾させて矯正を

『病気の9割は歩くだけで治る!』 健康になる歩き方 正しく立つ

「丹田」(おへその少し下のあたり)を意識すること 少し胸を開いて、「肩甲骨」(背中側の肩の下にある 逆三角形の骨)を寄せること 「骨盤」(腰周辺の骨)を少し前傾させること (金哲彦) あごは軽く引いて、肩は丸めず胸を少し開いて 背中や腰は反らさ…

『医師が教えるウォーキング』 その日のうちに疲れをとる入浴

40℃以下のぬるめの温度での半身浴が心臓への負担も 少なく、身体の芯から温まります 特に高齢者や女性に適している 足湯やシャワーも効果的 足湯 熱めのお湯(42~43℃)に10分から15分くらいつけておくと だるさやむくみがとれる シャワー コリを感じる部…

『医師が教えるウォーキング』 ウオーキングシューズの選び方

①つま先に余裕のあるもの ②かかとはクッション性のよいものを選ぶ ③足首と甲のフィット感をチェック ④靴底は滑りにくいものを ⑤指のつけ根の関節部分で曲がるものを選ぶ

『医師が教えるウォーキング』 疲れをとるクールダウンストレッチ

その日のうちに実施する ストレッチで筋肉の疲労物質を取り除く 足先のストレッチ 足指のつけ根を両手で押しもむ 土踏まずからかかとまでを押しもむ かかとを手のひらで包み込むようにもむ アキレス腱をつまむようにもむ くるぶしを両手の指で回してほぐす(…

 『医師が教えるウォーキング』 シグナルストレッチで疲れをとる

すねと足の裏側伸ばし 足を腰幅に広げたままの状態でまっすぐ立ち ひざを曲げて10数える 身体を前に倒し、両手を下げて肩の力を抜き膝に置く 顔を上げて両手でひざを倒し、伸ばしたままで10数える 足指刺激 できるだけ高くかかとを上げ、つま先で10回足踏み…

『体の痛みが消える生活』 細胞から健康な体をつくる四つのポイント

体に負荷を与える環境や、食事、生活、ストレスなどと 戦いながら、ダメージを与えられても立ち直って 生き続ける力を体は備えている それを支えるのが、細胞の健康なのです 「逆の動作」で五種類 のひとつづつの変化を実行すれば どんな小さなことでも、そ…

ストレスを軽くする

集中力を高める瞑想 「呼吸を意識する」瞑想でリラックスを3~5分 「意識瞑想法」 心拍数・理想の自分・感謝・自分の体 意識的に悩みを忘れる時間を確保する 感情を解放してストレスを発散させる 嘘でも笑えばセロトニンが増える 泣いてもβーエンドルフィン…

良質な睡眠で自律神経の緊張をほどく

* 睡眠時間優先のスケジュールに変える 22時から2時は睡眠のゴールデンタイム この時間に睡眠を取れば、体の傷ついた細胞がきちんと 修復され、病気にかかりにくくなる * 睡眠の1時間前から、スマホは禁止! LEDが放つブルーライトは睡眠を促す「メラトニ…

ストレスは潜病の元凶

自律神経を整えてストレスをリセット! 自律神経のセルフケア法 * 5分早く起きる * ベッドで簡単ストレッチ 1 手首・足首を動かす 2 ひざを曲げて太ももをお腹に近づける 左右交互に 3 首を左右に曲げる 4 肩を上げたり、下げたりする 5 両手を頭の上…

汗で毒出し

有酸素運動で汗をかく 38~40℃前後のお湯に胸の下までつかり 15~20分温まると血管の拡張で血圧が下がり 血管の柔軟性が高まる 「マグネシウム」の入浴剤で、副腎疲労を癒す マグネシウムは口から摂るよりも、皮膚からのほうが 効率が良い 体を温める食べ物…

ファスティング(断食)で腸の機能を回復させる

断食中は消化・吸収の作業をしなくてすむので 腸は排出作業のみ集中できるため、デトックス効果も 高まる 週末を使って定期的に行うのが、効果的 肝臓の働きが悪くて解毒しきれなかった毒素は、 体のあちこちで炎症を引き起こすため、その炎症を 抑えるため…