健康法

ストレスを軽くする

集中力を高める瞑想 「呼吸を意識する」瞑想でリラックスを3~5分 「意識瞑想法」 心拍数・理想の自分・感謝・自分の体 意識的に悩みを忘れる時間を確保する 感情を解放してストレスを発散させる 嘘でも笑えばセロトニンが増える 泣いてもβーエンドルフィン…

良質な睡眠で自律神経の緊張をほどく

* 睡眠時間優先のスケジュールに変える 22時から2時は睡眠のゴールデンタイム この時間に睡眠を取れば、体の傷ついた細胞がきちんと 修復され、病気にかかりにくくなる * 睡眠の1時間前から、スマホは禁止! LEDが放つブルーライトは睡眠を促す「メラトニ…

ストレスは潜病の元凶

自律神経を整えてストレスをリセット! 自律神経のセルフケア法 * 5分早く起きる * ベッドで簡単ストレッチ 1 手首・足首を動かす 2 ひざを曲げて太ももをお腹に近づける 左右交互に 3 首を左右に曲げる 4 肩を上げたり、下げたりする 5 両手を頭の上…

汗で毒出し

有酸素運動で汗をかく 38~40℃前後のお湯に胸の下までつかり 15~20分温まると血管の拡張で血圧が下がり 血管の柔軟性が高まる 「マグネシウム」の入浴剤で、副腎疲労を癒す マグネシウムは口から摂るよりも、皮膚からのほうが 効率が良い 体を温める食べ物…

ファスティング(断食)で腸の機能を回復させる

断食中は消化・吸収の作業をしなくてすむので 腸は排出作業のみ集中できるため、デトックス効果も 高まる 週末を使って定期的に行うのが、効果的 肝臓の働きが悪くて解毒しきれなかった毒素は、 体のあちこちで炎症を引き起こすため、その炎症を 抑えるため…

腸壁を修復する「亜麻仁油・荏胡麻油」

その他にオメガ3系脂肪酸は弾力のある柔らかい血管や しなやかな筋肉・内臓を保つ働きもある 加熱しないで使う 1日カレースプーン1杯程度を納豆やお味噌汁に 入れたりして摂取すると良い 紫外線をカットできる黒っぽい瓶に入ったものを選んで 開栓後は1ヶ月…

弱った副腎をいたわる、体のデトックス法

「腸・肝臓・発汗」で、体内の毒だし 体に入った毒素の75%は便として、20%は尿として 排泄される。残りは汗や皮膚、髪の毛から排泄される ストレスの元となる毒素をうまく外へ出すには 腸や肝臓の機能を高めること、汗をかくことで デトックス機能を活性化…

体から毒を消す技術「ためない」

解毒力を高めて、毒素が体内に留まる期間をできるだけ 短縮することが肝心なのです。 人間本来の解毒作用による毒素の排出は、75%は便からで 13%が尿からといわれています。残りが汗、毛髪、爪からの 排出です 体から毒を出すために重要なのが腸内の「善玉…

肉・魚の除毒テクニック

〔果物〕 野菜のStep1〔洗う・切る・むく〕をそのまま応用 ただし、農薬が内部の果実まで浸透している可能性の 高いオレンジ、グレープフルーツ、リンゴ、洋ナシ メロンなどは農薬を除くことが難しいので、控えめに サクランボやイチゴなど、比較的果実が小…

解毒の三原則

「入れない」 「ためない」 「抗酸化」 体から毒を消す技術 「入れない」 週1回加工食品をとらない日を作ることから始める 1回を2回、3回と加工食品をとらない日を増やしていく 手作りの料理は精神的に安定するケースが多い 野菜の除毒テクニック Step1 〔洗…

私たちの体は「毒」で弱り切っている

食品添加物はガンやアレルギーなど多くの 病気を招く 食生活で気をつけたい主な有害物質 * 食品添加物(着色料、保存料、酸化防止剤等) * 残留農薬(殺菌剤、殺虫剤、除草剤等) * 有害金属(水銀、アルミニウム、カドミウム等) * 放射性物質(ヨウ素…

病気の根底に共通する原因

1 有害物質(食品添加物、残留農薬、有害金属) による汚染 2 腸内細菌のバランスの乱れ 3 必須栄養素の不足 4 自律神経(意思とは無関係に血管や 内臓を調整している神経)のアンバランス 5 環境汚染(電磁波、住宅建材、生活用品など) 6 不自然な生…

冷え性の人におすすめの入浴法

40℃前後のお湯にゆっくりつかって体を温めます その後、洗い場に出て冷水を10秒ずつかけます。 また湯船に入って温まり、もう一度冷水をかけるを 5~10回繰り返します。 最後は、手足に水をかけて、終わります。 夏の温かい時期なら、熱いシャワーと冷たいシ…

潜病から抜け出すには

副腎の疲れを癒す 抗ストレスホルモンの材料となる、ビタミンB群 ビタミンB1 玄米・胚芽米・豚肉 ビタミンB2 レバー・うなぎ・納豆・卵 ナイアシン カツオ・ブリ・サバ・豆類 パントテンサン レバー・鶏もも肉・卵・納豆 ビタミンB6 カツオ・マグロ・さん…

潜病になりやすい人は、こんな人

ストレスを受けやすい性格を自覚して 意識してストレス発散を心がける 神経質で几帳面な性格 嫌と言えない 頼みごとが苦手 完全主義 「こうあるべき」が強い 頑固で融通がきかない 責任感が強く、我慢強い 気持ちを表現したり、伝えたりするのが苦手 他人の…

『強い血管をつくれば健康になる』

突然死の犯人は、血管の詰まり 血管を詰まらせる潜病の黒幕は「副腎疲労」 潜病のサインを見逃すな 1日4杯以上のコーヒーを飲む人 甘いものが手放せない人 記憶力・判断力・集中力の低下 感情の起伏が激しくなる 太りやすく、痩せにくくなる 睡眠の質が低下…

疲れない生活をするには

規則正しい生活を心がける 偉大なるワンパターン生活がミスを少なくする 何も考えず習慣で体を動かす 毎日規則正しく決まった時間に決まったことをする 些細なことにこだわらず全体をとらえて感性で判断する 「危機」は人間の生命力を活性化する一つのチャン…

体の温めすぎは「冷え性」のもと

「冷え性」の人が体を芯から温めるには 飢えと寒さの状況に身をおくしかない 内臓脂肪を燃やすようにする 体温が変わるのは「空腹、寒さ、睡眠」の3つの 条件を与えられたときだけ

ふくらはぎと背中の筋肉が「血液ポンプ」になる

自分の足でよく歩くこと お腹を引っ込めて胸を張る 手は軽く握って 最大歩幅でどんどん歩く 腹筋、脊柱起立筋、ふくらはぎの筋肉を集中して使う

直射日光は老化の敵

朝起きてすぐ水を飲まねばならないことはない 体内の血の巡りをよくし、リンパ液の流れを促して 寝ている間にたまった間質液を血中に戻すように ガムを噛んで唾液をどんどん出すようにすることで 顔のむくみがとれる だるい所は動かすことでたまった間質液が…

ごはんを食べたらすぐ寝よう

成長ホルモンは夜10時から夜中の2時までのゴールデンタイム に分泌される時間限定ホルモン 寝汗は成長ホルモンのせい(内臓脂肪を燃焼させている) 寝ながらにして筋肉を鍛える「タンパク同化作用」が あります 美肌作用(メラニンを吸収する) 睡眠物質であ…

お腹が鳴る秘密と効能

「モチリン」という消化ホルモンが出ると お腹グーグーになります 次に腹ペコホルモン「グレリン」が出て 成長ホルモンを分泌させます またの名を「若返りホルモン」といいます さらに出てくるのは「サーチュイン遺伝子」 お腹がグーと鳴っているとき傷つい…

「一物全体」で完全栄養を摂る

すべての栄養素をバランスよく含んだ「完全栄養」を摂ることが 重要なポイント 魚を丸ごと 野菜を丸ごと 穀物は全粒で 砂糖の摂りすぎは血管を傷つけて老化を促進させる 動脈硬化、脳卒中、心臓病の元 塩の摂りすぎは動脈硬化 カルシウム葉「歩いて」補う

1日1食なら何を食べてもOK

食べたいものなら、何をどれだけ食べてもOK 体のほうも、本当に欲しいものを求めてきます お腹が「グーッ」と鳴ると「生命力遺伝子」の中の 「サーチュイン(長寿)遺伝子」が発現してきて こわれた個所の修復がされて若返る 飢餓状態におかれたときには、「…

食事の量を減らす方法

「1汁1菜」で摂取カロリーをコントロールする さらに、茶碗と皿のサイズを小さなものに変える 消化管を休ませることで体の治癒力を引き出す 甘いお菓子は内臓脂肪を増やし、腹持ちが悪くなり ますますお腹がすきます 昼食後、昼寝ができない人は昼食そのも…

危険が迫るとと脳細胞まで活性化する

海馬は神経細胞を再生する 不摂生を続けていれば脳細胞は増えません 海馬とは睡眠のゴールデン・タイムと呼ばれる、 夜の10時から午前2時までの間に、海馬の中で 最近の記憶が整理される 男性と閉経後の女性は内臓脂肪型なので、 減らす努力をする必要がある…

サーチュンイン遺伝子とは

空腹状態に置かれたとき 人間の体内に存在している50兆の細胞の中にある 遺伝子をすべてスキャンして、壊れたり傷ついたりしている 遺伝子を修復してくれる 「生命力遺伝子」を活性化させることこそが、私たちに 長寿と健康をもたらしてくれる この「生命力…

空腹が人を健康にする

1日1食にすれば 体の傷んだところが修復される 自分の適正体重になる 皮膚年齢がどんどん若くなる 空腹になると発動する遺伝子がある 若さや美しさというのは内面の健康の表れ 「1日1食」生活の目指すゴール 肌が若々しくきれいでウエストがくびれていること

「幸せ物質」を腸で増やす特効薬はオリゴ糖

オリゴ糖は粉末のものがいいそうです 1日の摂取量は5g~8g ティースプーン1~2杯程度 自分のおなかと相談して適量を・・・ 腸内細菌を増やし、セロトニンやドーパミンという「幸せ物質」を増やすには オリゴ糖を日常的に摂取することが重要なのです。

ゴボウ茶

slism.jp 飲んだ味からして、体がきれいになるような 掃除機をかけたような気がするお茶でした