健康法

『習慣の力』 セルフコントロール力を鍛える

どうすればいいのかを、提示する 提示されたことを、考えることなく反応できるまで 続ける ビジネスの基本は、何かを提供することではなく 何かを提供してお客を喜ばせること 予期せぬストレスや不安に直面すると、集中力が途切れ 自制心が失われる 苦しい時…

『体温を上げると健康になる』 レシピ4 

雨の日も風の日も毎朝三十分、外を歩きましょう♪ 朝は一日のうちでももっとも体温が低い時間帯です。 その時に三十分間ウオーキングすると、個人差は ありますが、だいたい0.7~1.0度、体温が上昇します。 そして有酸素運動で毎日八グラムの内臓脂肪を 減ら…

『習慣の力』 習慣の変化の連鎖反応

気持ちをリラックスさせるエクササイズ 寝る前に体の部位を緊張させてからリラックスさせる 「右手をこぶしに握ってパッと放し、緊張が解けていく 姿を想像する」 毎晩寝る前、そして朝起きたとき、「ご機嫌さん」のビデオを かける 「小さな勝利は、小さな…

『習慣の力』 習慣を変える鉄則

習慣は3段階のループ(きっかけ、ルーチン、報酬) ニコチンへの欲求を感じたときのために、喫煙に代わる 行為をみつけなければ、禁煙するのは難しい 悪い習慣をなくすことはできないが、変えることならできる 習慣を変えるには 同じきっかけを使う・同じ報…

『体温を上げると健康になる』 レシピ3

睡眠障害の原因と解消法 睡眠障害は自立神経の過緊張が原因でおこるのです 副交感神経過剰型 入眠障害 原因 運動不足と昼寝のしすぎ 交感神経過剰型 中途覚醒と早期覚醒 原因 働きすぎや精神的ストレスの他に 薬剤性ストレスです。 解消法 軽いストレッチや…

『習慣の力』 習慣を生み出す力

『広告でいちばん大切なこと』 相手の自尊心に訴えて、ついに根負けさせた きっかけと報酬がうまく働くためには、欲求がいる 欲求こそが習慣のループの原動力 習慣のループ 1 シンプルでわかりやすいきっかけをつける 2 具体的な報酬をつける きっかけと報…

『習慣の力』 「習慣」の力

習慣が形成されるのは、脳が常に楽をしようと するからだという きっかけー>ルーチン(きっかけに反応して起こる 慣例的な行動や思考)ー>報酬 上記がどんどん無意識に起るようになると、きっかけと 報酬がつながる。 そうすると、強力な期待や欲求が生ま…

『体温を上げると健康になる』 レシピ2

筋肉は量よりは質を高める 筋肉を鍛えるうえでもっとも大切なのは、 「脳から筋肉への神経の経路を鍛える」こと 成長ホルモンの量と筋肉の量は正比例します。 無酸素状態で運動すると、筋肉には「乳酸」 という疲労物質がたまります。 ごく普通の筋トレを行…

『習慣の力』 キーストーン・ハビットがすべてのカギ

少なくとも一つ、自分の思い通りになるものを作る 一つの習慣に狙いを定めることで、他の行動も プログラムしなおすことにで成功する そのような習慣をキーストーン・ハビット (要となる習慣)という 毎日の人の行動の、40%以上が、「その場の決定」 では…

『仕事力が上がる睡眠の超技法』 人は働くことで元気になる

会社(グループ)に所属することで元気になる フリーで働いている人や経営者の人は、生活リズムを 整えることが、仕事の能率に直結する 睡眠マネジメントを取り入れて、大きな武器としていく 人間の成長と=脳の成長=睡眠を使いこなす=仕事力が上がる

『体温を上げると健康になる』 レシピ1

有酸素運動とは 比較的低い負荷でで長時間続けられる運動 ジョギング ウォーキング エアロビクス 運動のエネルギー源として「糖」と「脂肪」の 両方が消費される。 遅筋の発達が特徴(筋肉ムキムキにならない) 先に筋トレのような無酸素運動を行ってから 有…

『仕事力が上がる睡眠の超技法』 3つのステップでどのように生活が変わるのか 仕事モードへの切り替えが早くなった

寝つきや寝起きには困っていなかったけど、睡眠の絶対量が 少なかった(寝床に入ったら数秒で眠ってしまうから) (日中の眠気も) あまり重要でないことをしてなんとなく起きていることに 気づき、すぐに30分ほど就寝を早めた結果、日中の体が 軽く、週末に…

『仕事力が上がる睡眠の超技法』 3つのステップでどのように生活が変わるのか 3時間睡眠のままでも体調がよくなった

眠くなったら寝床に入るーを意識することで、すぐに寝つきの 悪さは改善 実感した変化は、同じ短時間の睡眠でも「熟睡間が増えた」ことと 「作業によって就寝が遅くなったり早くなったりしても、調整が できるようになった」 睡眠記録表 「neru note (ネルノ…

『仕事力が上がる睡眠の超技法』 3つのステップでどのように生活が変わるのか 無理なく睡眠薬をやめる方法

良い睡眠が1ヶ月つくられ、主治医から睡眠薬を自己調整 しても良いという許可が出たら、次のような方法で離脱 短短時間型と短時間型 「漸減法」 2~4週間ー3/4 2~4週間ー1/2 2~4週間-1/4 隔日法 1/2を少し続け、1日おき、2日おき、3日おきに服用する 睡眠…

『仕事力が上がる睡眠の超技法』 3つのステップでどのように生活が変わるのか 寝つきの悪さを改善して、体が軽くなった

起床時間を変えずに就寝時間を21時から23時にして 睡眠サイクルが安定してきたところで、徐々に就寝時間を 早めていき、元の21時に戻しても、すぐに眠れるようになった 1か月半後 寝つきが悪い時に眠っている時間を寝床に入る時間にしてみる 寝床に入るとき…

『仕事力が上がる睡眠の超技法』 3つのステップでどのように生活が変わるのか みんなは眠る前に何をしている?

人間は本来 朝の光が脳に届けば約16時間後には自然に眠くなり 夕方に最高になる深部体温が夜になってしっかりと 下がってくれば深く眠れる こうした生理的な睡眠サイクルを作ることをせずに これさえやれば眠れると思ってしまうと、頑張って 行動するほど眠…

『仕事力が上がる睡眠の超技法』 3つのステップでどのように生活が変わるのか

人間は生まれてから年齢を重ねるごとに徐々に睡眠時間が 減ってくる 女性は40歳、男性は55歳を境に睡眠の個人差が大きくなる 人間は自分の記憶に基づいたことでしか判断できない 年齢を重ねるー基礎代謝の低下ー睡眠時間の減少

『仕事力が上がる睡眠の超技法』 ちょっとした習慣で病気や不調を防ぐ からだのかゆみ

起きたらすぐに着替える かゆみが強くなるのは、朝5~6時と夜22~23時 夜間のトイレで目が覚める 排尿にはリズムがあり、体が排泄する量にはノルマがある 特に尿意を感じていなくても昼間のトイレを1回増やしてみる ちょっとした悩みで眠れない 眠れないとき…

『仕事力が上がる睡眠の超技法』 ちょっとした習慣で病気や不調を防ぐ 起立性調節障害

横になって眠っているところから、起床して体を縦にすると 重力によって水が足側に下がるが 通常は足の筋肉がポンプの役割をしたり、血管の収縮力が 高まって血液を吸い上げて脳に栄養を届けるので 脳に栄養が届かないと頭がボーッとしてイライラしたり 無気…

『仕事力が上がる睡眠の超技法』 体の不調と睡眠 月経前症候群

女性は男性より1.5~2倍、不眠になりやすい 筋肉量が少ないことと、月経周期が関係している 夕方に、しっかりとお尻を締めて背中を伸ばすことを 意識するだけでも、体温が上がり、夜は自然な眠気が 訪れやすくなる

『仕事力が上がる睡眠の超技法』 ちょっとした習慣で病気や不調を防ぐ 脳卒中を防ぐ

脳卒中を防ぐ 心臓病と同じで8~10時までに発症する例が多くみられる 遅い食事とは起床から14時間後以降を指す 内臓に食べ物が入ると、内臓が働き温度が上がってしまい 深い睡眠が得られなくなるのと 血液の循環にも影響する ある脳の作用で食事をとらされて…

『仕事力が上がる睡眠の超技法』 ちょっとした習慣で病気や不調を防ぐ 心臓病を防ぐ

朝あたたかい飲み物(白湯)で深部体温を上げる 朝の8~10時までは心筋梗塞や脳卒中の発症が最も 多いことが知られている 深部体温は、朝しっかり上がると最高体温になる夕方の ピークが高くなり、1日が活発に過ごせる 夕方の深部体温ピークが高ければ、夜に…

『仕事力が上がる睡眠の超技法』 ビジネスパーソンにとって怖いのは不眠より睡眠不足 2

眠りに困ったことのない人ほど眠れなくなる 「意図的でないにしても自発的に断眠する」 ー慢性的に経過すると、うつ症状や不安症に発展していくことがある それは不眠症を併発する

『仕事力が上がる睡眠の超技法』 ちょっとした習慣で病気や不調を防ぐ 糖尿病を防ぐ

健康な成人でも睡眠時間を削っただけで、インシュリンが 減り、血糖値が上昇する インシュリンが減ると、強い抗酸化作用を持つメラトニンも 減ってしまい、睡眠の質が悪くなる 睡眠が不足すると、レプチンが減る(満足感を作るホルモン) 平日と休日の起床時…

『仕事力が上がる睡眠の超技法』 ちょっとした習慣で病気や不調を防ぐ がんを防ぐ

がんを防ぐ 電気をつけっぱなしで眠らない メラトニンが光によって抑制されてしまうと 抗酸化作用の働きが少なくなる (あらゆる分子に対して酸化による損傷を吸収できる 最も強力な作用を持っている) 夜、過ごす部屋は落ち着いた光の電球色にして 不必要な…

『仕事力が上がる睡眠の超技法』 本当に怖いのは不眠より睡眠不足

不眠症と睡眠不足の違い 不眠症 睡眠不足 睡眠の量と質 量も質も不足 量が不足 困っていること 夜間の不眠 日中の眠気 眠りたいという 減少 正常 欲求 正常な睡眠に 欠如 正常 戻る力 「行動誘発性睡眠不足症候群」 ① 日中に強い眠気があること ② 平日より土…

『仕事力が上がる睡眠の超技法る』 ビジネスパーソンにとって怖いのは不眠より睡眠不足

現在のコンディションだけでなく、将来のリスクを 避けるためにも、睡眠サイクルは1日でも早く ととのえたほうがよい 睡眠の大切さは実感しているのに短時間睡眠をよしとするー このようなギャップが起るのは、睡眠不足の状態を続けると どうなるのかが、イ…

『仕事力が上がる睡眠の超技法』 睡眠の5つのスイッチ」を使いこなせば仕事効率がアップする 4

夜更かしをやめられない脳の仕組み ドーパミンの主な役割は期待感を作るということ 何度も継続されると、実際の行動から得た快感(実報酬)よりも 快感を期待する反応(予期報酬)の方が強くなっていき 行動の結果よりも、行動すること自体が目的になってし…

『仕事力が上がる睡眠の超技法』 睡眠の「5つのスイッチ」を使いこなせば仕事効率がアップする 3

花粉症などで眠れないときの対処法 「ヒスタミン」を鎮める 耳から上の頭を冷やしていると、大脳の温度が下がり 過剰な覚醒を鎮めることができる ヒスタミンはカフェインとも深く関係している カフェインは摂取してから30分程度で脳に到達し いったん到達す…

『仕事力が上がる睡眠の超技法』 睡眠の「5つのスイッチ」を使いこなせば仕事効率がアップする 2

夜中のお菓子は睡眠を浅くする 成長ホルモンの分泌は、睡眠の深さによって決まる 睡眠の深さは深部体温の勾配の強さで決まる 成長ホルモンの分泌のピークは、眠りはじめの3時間 食べものが内臓に入ってくれば、内臓が活動して温度が 上がり、深部体温が下が…