体温を上げると健康になる

ストレッチは痛みを感じるくらいまで

「腿の表側のストレッチ」 軸足をまっすぐ伸ばしたまま、もう片方の足を かかとがお尻につくようにして折り曲げる 折り曲げた足の足首を、同じ側の手でつかみ、 さらに体に引き寄せる このとき折り曲げた足の膝頭は軸足から離れないようにします 足首をつか…

神様が定めた人間の体温は37度

がんばって働いて、ストレスに耐えて、 あなたの体はもう悲鳴をあげています。 その悲鳴が「低体温」です。 原因はストレスに人間が対応できなくなったことに 加え、筋肉の質と量が低下したしたことです。 ストレスが万病の素とはよくいわれることですが、 …

お風呂の温度は41度に設定しましょう

お風呂の温度は必ず41度に設定しましょう 睡眠中の成長ホルモンを最大限に引き出したいという人は お風呂に入る前に5分ほどの筋トレをすると、さらに 効果的です。 湯船に10分ほど浸かれば、だいたい体温が1度くらい 上がります。長湯の必要はありません。 …

ストレス緩和にトマトを食べよう♪

トマトには「ギャバ」というストレスを緩和させる 成分がとても多く含まれています。 ストレス緩和のほかにも成長ホルモンの分泌を促す 効果もあるのでアンチイジングの面からもトマトは お勧めの食品です。 cookpad.com

夕食後4時間空けなければ寝てはいけない

胃にものが残っているような状態で寝てしまうと 成長ホルモンが出なくなってしまうから・・・ 成長ホルモンの分泌が高まることは、骨や筋肉の成長を 促すことです。 睡眠中の成長ホルモンがきちんと出るための条件が 「空腹」なのです。 脂肪を分解する働き…

あなたのプレショットルーティーンを作りましょう

毎朝のウオーキングを習慣化することで 身体的メリットはもちろん、精神的にもメリットが あるのです。 毎朝背筋を伸ばしてリズミカルに歩くことで 自分の気持ちを前向きなものに整えるのです。 日々の出来事に大きく左右される心や感情は 一定ではいられま…

ウオーキング後の朝食

cookpad.com りんごと人参という組み合わせは、高いデトックス効果と 免疫力を高める効果があることで注目を浴びている組み合わせ!♪ cookpad.com 人参と玉ねぎとリンゴの薄切りを塩少々ふりいれ 厚手の鍋で蒸し煮にしました。 スープ仕立てにはしないのです…

雨の日も風の日も毎朝三十分、外を歩きましょう♪

朝は一日のうちでももっとも体温が低い時間帯です。 その時に三十分間ウオーキングすると、個人差は ありますが、だいたい0.7~1.0度、体温が上昇します。 そして有酸素運動で毎日八グラムの内臓脂肪を 減らすことができます。 朝は体が硬くなっているので、…

飲み物は白湯が一番!

飲み物は水を温めた白湯が一番 朝目覚めて最初にするのは、500㏄の水分をとることです。 寝ている間の発汗と排尿によって老廃物と共に 水分が失われるので、充分な水分摂取が必要なのです。 夏でも冷たい水は飲まないことは重要なことです。 カフェインの多…

規則正しい生活を送ることがベストな理由

多くの人は、昼夜が逆転しても、きちんと 睡眠時間さえとれていれば問題ないと思っていますが それは違います。 体内リズムと自律神経の支配は連動しているので、 就寝と起床は毎日同じ時間に規則正しく行われるのが 理想です。 現実問題としてお勧めしてい…

睡眠障害の原因と解消法

睡眠障害は自立神経の過緊張が原因でおこるのです 副交感神経過剰型 入眠障害 原因 運動不足と昼寝のしすぎ 交感神経過剰型 中途覚醒と早期覚醒 原因 働きすぎや精神的ストレスの他に 薬剤性ストレスです。 解消法 軽いストレッチや呼吸法やヨガで 副交感神…

低体温を防ぐ理想の生活習慣 睡眠

理想的な睡眠時間は七時間から八時間の間で 目覚まし時計を使わずに、自然に目覚めることといえます。 昼食後の昼寝は、食事によって優位になった副交感神経を 刺激するので、交感神経過緊張になっている人の多い 日本人にはぴったりの健康法です。 質の良い…

体温アップ健康法が教える理想の一日♪

午前五時 起床 ストレッチ 筋トレの後 戸外をウオーキング またはジョギング(30分間) 午前六時 朝食 午前八時 仕事開始 午後〇時 昼食 昼食後は十五~二十分程度の昼寝 午後一時 仕事再開 午後五時 就業・退社 午後六時 夕食 午後九時 筋トレと入浴 午後十…

筋肉は量よりは質を高める

筋肉を鍛えるうえでもっとも大切なのは、 「脳から筋肉への神経の経路を鍛える」こと 成長ホルモンの量と筋肉の量は正比例します。 無酸素状態で運動すると、筋肉には「乳酸」 という疲労物質がたまります。 ごく普通の筋トレを行っても成長ホルモンは出ます…

低体温になる理由

大きなストレスが長時間続くと、交感神経 または副交感神経が過剰に緊張し、自律神経の バランスが崩れてしまいます。 それは血液の流れを悪くすることで、血流障害 から低体温になります。 ホルモンバランスを整えるためには22時から2時には 眠っているよう…

低体温とは

低体温とは、体温そのものが三六度以下に低く なっている状態の事です。 冷え症とは、体の中心部の体温はそれほど低くはなく 手先や足先などの体の末端の血行が悪く、異様なほど 冷たくなってしまう病態を言います。 冷え症の大きな原因は、低血圧と運動不足…

有酸素運動とは

比較的低い負荷でで長時間続けられる運動 ジョギング ウォーキング エアロビクス 運動のエネルギー源として「糖」と「脂肪」の 両方が消費される。 遅筋の発達が特徴(筋肉ムキムキにならない) 先に筋トレのような無酸素運動を行ってから 有酸素運動を行う…