『空腹が人を健康にする』

疲れない生活をするには

規則正しい生活を心がける 偉大なるワンパターン生活がミスを少なくする 何も考えず習慣で体を動かす 毎日規則正しく決まった時間に決まったことをする 些細なことにこだわらず全体をとらえて感性で判断する 「危機」は人間の生命力を活性化する一つのチャン…

ふくらはぎと背中の筋肉が「血液ポンプ」になる

自分の足でよく歩くこと お腹を引っ込めて胸を張る 手は軽く握って 最大歩幅でどんどん歩く 腹筋、脊柱起立筋、ふくらはぎの筋肉を集中して使う

直射日光は老化の敵

朝起きてすぐ水を飲まねばならないことはない 体内の血の巡りをよくし、リンパ液の流れを促して 寝ている間にたまった間質液を血中に戻すように ガムを噛んで唾液をどんどん出すようにすることで 顔のむくみがとれる だるい所は動かすことでたまった間質液が…

ごはんを食べたらすぐ寝よう

成長ホルモンは夜10時から夜中の2時までのゴールデンタイム に分泌される時間限定ホルモン 寝汗は成長ホルモンのせい(内臓脂肪を燃焼させている) 寝ながらにして筋肉を鍛える「タンパク同化作用」が あります 美肌作用(メラニンを吸収する) 睡眠物質であ…

お腹が鳴る秘密と効能

「モチリン」という消化ホルモンが出ると お腹グーグーになります 次に腹ペコホルモン「グレリン」が出て 成長ホルモンを分泌させます またの名を「若返りホルモン」といいます さらに出てくるのは「サーチュイン遺伝子」 お腹がグーと鳴っているとき傷つい…

「一物全体」で完全栄養を摂る

すべての栄養素をバランスよく含んだ「完全栄養」を摂ることが 重要なポイント 魚を丸ごと 野菜を丸ごと 穀物は全粒で 砂糖の摂りすぎは血管を傷つけて老化を促進させる 動脈硬化、脳卒中、心臓病の元 塩の摂りすぎは動脈硬化 カルシウム葉「歩いて」補う

1日1食なら何を食べてもOK

食べたいものなら、何をどれだけ食べてもOK 体のほうも、本当に欲しいものを求めてきます お腹が「グーッ」と鳴ると「生命力遺伝子」の中の 「サーチュイン(長寿)遺伝子」が発現してきて こわれた個所の修復がされて若返る 飢餓状態におかれたときには、「…

危険が迫るとと脳細胞まで活性化する

海馬は神経細胞を再生する 不摂生を続けていれば脳細胞は増えません 海馬とは睡眠のゴールデン・タイムと呼ばれる、 夜の10時から午前2時までの間に、海馬の中で 最近の記憶が整理される 男性と閉経後の女性は内臓脂肪型なので、 減らす努力をする必要がある…

サーチュンイン遺伝子とは

空腹状態に置かれたとき 人間の体内に存在している50兆の細胞の中にある 遺伝子をすべてスキャンして、壊れたり傷ついたりしている 遺伝子を修復してくれる 「生命力遺伝子」を活性化させることこそが、私たちに 長寿と健康をもたらしてくれる この「生命力…

空腹が人を健康にする

1日1食にすれば 体の傷んだところが修復される 自分の適正体重になる 皮膚年齢がどんどん若くなる 空腹になると発動する遺伝子がある 若さや美しさというのは内面の健康の表れ 「1日1食」生活の目指すゴール 肌が若々しくきれいでウエストがくびれていること